辻村工務店がご提供する注文住宅

YOROKOBI STYLE

よろこび シリーズ

ブログBLOG

お役立ち情報

消費税8%で住宅を購入するには?

いよいよ、2019年10月1日より消費税が10%へ引き上げられます。

注文住宅は、請負契約から引き渡しまでに一般的に数ヶ月かかります。

そのため、増税施行日の6カ月と1日前に請負契約が完了した建物については、もし引き渡しが増税後であっても、増税前の税率(つまり8%)が適用されます。

これを「経過措置」といいます。

 

以下図式でご説明いたします。

 

※経過措置に携わる指定日は2019年4月1日と考えられます。

 

■1の場合

請負契約が2019年3月31日までに完了すれば、引渡しが2019年10月1日を過ぎても消費税率は8%!!

 

■2の場合

請負契約が2019年4月1日を過ぎても、引渡しが2019年9月30日までに完了すれば消費税率は8%!!

 

■3・4の場合

請負契約が2019年4月1日を過ぎて、引渡しが2019年10月1日を過ぎてしまうと消費税率は10%!!

 

 

ここが大事

家づくりは業者さん選択から大変時間がかかるものです。

Aのように契約から引渡しまで6カ月間でスムーズにいけるとよいのですが…。

@のように早めに契約をすませて、じっくりと進めて行くことをおすすめいたします。 

 

 

 

 

 2018.04.12 カテゴリー:お役立ち情報

いい土地探しのコツ

失敗しない土地探しのコツ!?


 いい家を建てる工務店はみつかった。
じゃあ次に必要になるのは?

もちろん、土地(地面)です。

良い土地をみつけるというのは、いい家を建てるのと同じくらい難しいのです。マイホームは、一生に一度のビッグな買い物。それこそあなたの人生と命を賭けての買い物なんですね。 


失敗は許されません!


家を建てる土地にもこだわるために、しっかりとした情報収集が大事です。そこで、不動産の営業マンが教えない、不動産業界の裏側を特別に大公開しましょう!

 

 


不動産の営業マンが教えない秘密の話

良い土地情報は、インターネットや住宅情報誌には公開されていない!?


良い土地情報は、なかなかあなたの手には届きません!インターネットや住宅雑誌が盛んになり、いろんな情報が簡単に手に入る現在でもです。

なぜでしょうか?

実は、不動産の商売方法に秘密が隠されているのです。よく不動産は、両手・片手の商売に例えられます。 「両手の商売」というのは、売主さんからも買主さんからも仲介手数料をもらうことです。「片手の商売」というのは、売主さんか買主さんのどちらか一方からしか手数料をもらわないことをいいます。

【補足説明】「アンコ」といって中間また別の業者が間に入り、売主もしくは買主からの手数料を業者間で頭割りすることもまれにあります。

不動産業者にとって、一番儲かるのは当然「両手の商売」なのです。
ですから、売主さんから土地や住宅を「売って下さい!」と依頼を受けると、その業者は「売り物件情報」をできれば他の同業者には公開しないで自分だけで売りたいわけです。

 

いい物件は、なかなかオープンにならないし、自分の持っている物件を他の営業マンのお客さんのために提案するということが難しいのです。

 

 


隠れた情報を手にするためには

土地の選び方を知っているプロを頼りましょう!


 お家を建てたいお客さまは、「いい物件をください!」と不動産業者間回りをするわけですが、そうは簡単に手にすることはできないので、個人的な人脈や縁故を通じて入手することが多くなります。結果として、土地をお求めの「お客さま」は、こうした隠れた情報を手にするためには、「強力パイプ」をもつ業者を探し当てるか、土地の選び方を知っている人に教えてもらうしかないのです。

 

私共は家を建てるプロですが、土地選びまでトータル的にサポートさせて頂く事も多くございます。なぜならば、どういう土地に家を建てると良いのかということもよくわかっているからです。もちろん、不動産業者とのパイプもあります。

 

もし、土地選びでもお困りであれば、一度、お気軽にご相談ください。不動産の営業マンが教えない、”失敗しない土地選びのコツ”をお教えいたします。

 


家づくりに役立つ情報満載

小冊子無料プレゼント!


漫画でわかる「土地探しのコツ」と 図解でわかる「家づくり資金計画」の 小冊子をプレゼント中!

 こちらからご応募下さい。

 

 

 

 

 2018.02.16 カテゴリー:お役立ち情報

私たちはローンが組めないの?

家を購入するために必要な、住宅ローン組める!?


「なぜ?私たちは住宅ローンが組めないの?」

 

「私たちは住宅ローンが組めるのでしょうか?」

 

最近このようなご相談が、当社の「資金計画セミナー」で増えてきました。
残念ながら、様々な原因で住宅ローンが組めず、家づくりを諦めてしまっている方が非常に多いのです。 
  
住宅ローンが組めないと言われた方には、以下の原因が考えれます。
しかし、家づくりを諦めないで下さい。まずは、辻村工務店へご相談下さい。 

 

 


住宅ローンが組めない10の原因


下記の条件に当てはまる方も、まだ家づくりを諦めないでください。辻村工務店へご相談ください。

(1)年収が300万円以下
住宅ローンを組む上で一番最初に重視されるのが「年収」です。
しかし、年収が300万円以下の方は住宅ローンが組めないのでしょうか?
(2)自己資金が少ない、またはゼロ…
「自己資金が少ないと住宅ローンが組めない。」

「自己資金がゼロだと絶対にダメだ!」 と思われている方が非常に多いです。

(3)車のローンの残債がある
車を購入する際の支払いでローンを組む割合が6割以上と言われていて、返済期間も平均で3年〜5年が多いようです。住宅ローンを組む際に車のローンの残債があると組めない可能性が高くなりますのも事実ですが、絶対に住宅ローンが組めない訳ではないのです。
(4)サラ金、キャッシング、リボ払いの残債がある
消費者金融やキャッシングの利用者人口は1200万人とも言われ、実に国民の1/10にもなります。利用者の年齢も30代40代が多く、家づくりをされる多くの方が該当します。
(5)クレジットカードの支払いが遅れた事がある
買い物の支払いや公共料金の引き落としなど、クレジットカードは様々な場面で使われていますが、銀行口座の残額不足などにより支払いが遅れた事がある場合、住宅ローンは難しくなります。
(6)債務整理をした事がある
過払い金返還請求の事で、最近テレビやラジオのCMで弁護士事務所などが行っているサービスです。この債務整理をした事がある場合、住宅ローンを組む上で支障をきたす場合があります。
(7)家族の借金を肩代わりしている
家族のローンを肩代わりしている場合、住宅ローンを組むのはなかなか難しいです。
(8)すでに住宅ローンを組んでいる
中古の一戸建を住宅ローンを組んで購入した後で、「やっぱ新築にすれば良かった…。」と言うケースは少なくありません。通常の場合、「現在の住宅ローンを完済してから」ですが、現在では、銀行によっては、買い替えローン(住み替えローン)などの商品を出しているところもあります。
(9)契約社員の場合
現在は雇用形態に「契約社員」というものがあり、この数も年々増加しています。しかし、このような方は住宅ローンが組めないのでしょうか?
(10)自営業を営んでいる
 自営業の方の場合、開業年数や売り上げなどに関係なく、住宅ローンを組むのが大変難しいのが通例です。

家づくりに役立つ情報満載

小冊子無料プレゼント!


漫画でわかる「土地探しのコツ」と 図解でわかる「家づくり資金計画」の 小冊子をプレゼント中!

 こちらからご応募下さい。

 

 

 

 

 2018.02.15 カテゴリー:お役立ち情報

誰でもわかる はじめての家づくり

家の価値はどうやって決まる!?


家の価値はどうやって決まるのでしょうか?
家は一体いくらのでしょうか? 
  
建物の値段の違いを目の当たりに感じたお客さまからお話を聞きました。 

 

 


堺市在中 年齢は30才前半 会社員のお客さまのお話


そのお客さまは、最近子どもができ、アパートも手狭になってきていました。
年も30歳を超え、そろそろ家を購入したいなと思っていました。

 

そこで、テレビでよくCMが流れている大手ハウスメーカーの展示場に向かったそうです。

大手ハウスメーカーの展示場で、アンケートに記入し、建物を見て回っていました。
すると、細身で30才台くらいのさわやかな男性営業マンが笑顔でやってきて話しかけてきたそうです。

 

いろいろと話をしているうちに、その営業マンの印象も非常によかったので、見積りをしてもらう事にしました。

 

その見積りを見て、彼は驚きました。

 

なんと、約5,000万円(゚д゚)!と言われたそうです。

 

希望の家の購入は諦めないといけないのかなと思い、彼はその場を後にしました。

 

 


後日、彼は地元にある会社の住宅見学会で・・・


彼は、そこの会社の社長と話をすることができました。

彼は、もう一度、希望の家の条件を伝え、家を建てるのに必要な金額を聞きました。

 

すると、その金額は約2,500万円です。

 

およそ、半分も違うのです!!!

 

中身は全く一緒というわけではありませんが、
奥さんや彼の希望を十分に満たし、価格が倍も違うのです!

 

彼は思いました。

 

家を買う時は、展示場に行って、話を聞くだけでなく、家を売るプロでなく、

家を造るプロ(工務店・住宅会社etc)に相談することも大事だと・・・

 

 

今回、彼を家を造る地元のプロにお願いする時、
いきなり電話をかけるのは怖かったので、資料請求をしたそうです。

 

もしあなたが家造りで失敗したくないと考えているなら、
一度、資料請求をすることをオススメします。

 

 


家を建ててから幸せがはじまります!


家を買うことは、人生に一回あるかないかの買い物です。
ですが、この買物をする時に、資金計画を正しくしてないと、幸せになるために建てたはずが、苦しい人生になります。

  

例えば、住宅ローンを払うために
・夏休みや冬休みに楽しい旅行に行けない…
・食事のおかずが粗末なものに…
・おこづかいを減らされ、好きな事に使えない…
・節約の毎日で、ストレスがたまる…
などなど

 

家を建ててしまったおかげで、ローン返済に苦しみ、多くのことを我慢し続ける!!

耐えられますか?

 

やっぱり毎日の生活は、余裕がある方がいいですよね。
しかし、あなたのことを考えてない営業マンから家を買った場合、予算ギリギリの家を買わされ、幸せな生活が送れなくなります。

  

  


せっかく幸せになるために建てた家が、不幸の始まりとなってしまうのです。


もしあなたが、幸せな家族計画をお望みであれば、ぜひご相談してみてください。
経験豊富な営業マンが絶対に教えない住宅ローンの秘密を特別にお話いたします。
詳細はお気軽にお問合せください。  

 

資金計画の方でもご相談頂けますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

 2018.02.13 カテゴリー:お役立ち情報

ワンランク上の家を建てる方法

同じ予算で少しでも良い家を建てる!


こんな経験はありませんか?

 

・家を建てるときに、どこに頼んでいいかわからない。
・ハウスメーカーの営業マンに口説かれ、契約しようと思っている。
・大規模なリフォームを計画していて、高額な見積りで驚いた。

 

ちょっとまって!!

 

多くの住宅会社が差別化を図ろうと、色々な提案をしています。
しかし、そのほとんどは、聞き慣れないものばかり…

 

・なんとなく「良いものだ」というのはわかるけど、具体的にどのくらい良いものなのか?
・高い追加料金を払うだけの価値があるものなのか?
・それは、自分たちに本当に必要なものなのか?

 

なんだかわかりにくい!!

 

「〜工法だからいい家ですよ!」
「大手ハウスメーカーは安心。小さな住宅会社や工務店で大丈夫ですか?」
という営業マンのセールストークを信じ、契約書に印を押してしまう…

 

 


なぜ、同じ予算でワンランク上の家が建てられるのか?


実は、家づくりの金額の多くは、建材、設備や職人さんに支払われる人件費です。
完成までに3〜4カ月かかる住宅建築
大工さんや職人さんたちへの給料の支払いは必要な費用です。

 

しかし、大手ハウスメーカーでは、それだけなく、
テレビCMや住宅展示場の建設費・維持費など、あなたの家の原価とは関係のない販促費まであなたの家の価格に追加されているのです。

 

当然、営業範囲の広い大手ほど、その経費は多くなっていきます。

 

大規模な展示場を複数持つ必要のない地元密着型の住宅会社ならば、これらの経費を必要最小限にできます。

 

そして、それらが、さらなるワンランク上の住宅を提供するための知恵と工夫を生み出す原動力となるのです。

 

 

また、当社では建材や材木を仕入れるコストにも気を配り、
「柱1本、タイル1枚から他社よりも安く仕入れる努力」もしています。

 

どの建材がいくらの仕入れ値で取引されているかを知ることで、仕入れ価格を抑える努力をしているからできることなのです。

 

「大手住宅会社の見積り以下の価格で、もっといい家を建てたい」という当社の考えに、メーカーさん、協力業者さん、職人さん一同が賛同していただいたからこそできることなのです。

 


あなたの建てたい家はどんな家でしょうか?


家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。
住宅ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがまま契約してしまう人も少なくありません。

 

家づくりは家さえ建てば良いということではありません。

 

大切なのは、あなたの希望に合った
「あなただけの理想の家」を手に入れる事
なのです。

 

そして、その理想の家を実現してくれる住宅会社と出会うことなのです。

私たちは、あなたの幸せな未来づくりをお手伝い出来ます!!

 

 


 

 

 2018.02.12 カテゴリー:お役立ち情報

ページ : 01   02  

お問い合わせCONTACT

お困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


PAGE
TOP